オコジョのはっぴーらいふ

日々のどーでもいい事を綴ってます。女子大生は恋に勉強に忙しいのです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
まだまだガキです(めっちゃ長いです、ごめんなさい)
やってしまったー喧嘩しちまった・・・。いや喧嘩って言うのか・・?わかんないけど、今日はだいぶ疲れたよーε-(ーдー)一応仲直り(??)はしたんやけどね。


何があったのかとゆーと、一応26日の0時にメール送って、だいぶ経ってから返事返ってきて、ピヨはやっぱりオール(学校で軽音サークルの合同イベントがあって、その打ち上げ。)してて「待ち合わせ13時でもいいー??」って聞いてきました。あたしはもっと早くから会いたかったし眠いし機嫌の悪いメールを返しました。んでとりあえずカワイくないメールばっかやりとりしてる内にあたしは寝てしまいました。
んで朝起きて支度して、結局ピヨん家の最寄の駅に着いたのが13時半。けど迎えに来てくれるって言ったのに連絡もないし電話したら案の定寝てた。

オコジョ「やっぱ来てくれへんかったなぁー」(自分も遅刻したくせに)
ピヨ「・・・」
オコジョ「今何時かわかってる??」
ピヨ「・・・・・・13時35分・・」
しばらく無言。
ピヨ「・・行くわ」

なぜ時計を見ても焦らない。待ち合わせ30分も過ぎてますよ。(自分も遅刻したくせに)
でも来てくれるんやーと思って、私も家に向かって歩き出しました。
ピヨの家は駅からちょい遠くて徒歩20分位。チャリがあればねーでもどこまで歩いても向かいから現れる気配もない。
もっかい電話。

オコジョ「何してるん」
ピヨ「寝てた。。」


ハァ??


オコジョ「・・もういい、もう帰るよ・・」(半泣き)
しばらく無言

ブチッ!

電話は切られました。駅まで引き返そうとしたもののだんだん怒りがこみ上げてきてあたしの悪い癖が出てきた。
再び電話

ピヨ「もしもし」
オコジョ「(怒りに打ち震えながら)あんたサイッテーやわ。ほんまに最低」
ピヨ「・・・」
オコジョ「聞いてる!?」
ピヨ「俺だって疲れてんねん!!せやのにお前はわかってくれへん」

そう吐き捨てるように言われてまた電話切られました。


一晩飲んでたくせに何やそれ・・。あたしとの約束とかってどーなるワケ??しんどいのわかってたけど会うつもりだったくせに、ここまで来させてブッチですか・・・
駅へと足を向けてたあたしは、くるりと踵を返してピヨん家へ。
多分その時のあたしは鬼のような形相で、ものすごい大股で歩いてたと思う。チャリに乗ったおばちゃんがまじまじとあたしの顔見てたから・・。
でも許せなかったー・・悔しくて、目にいっぱい涙ためて、家に向かいました。
多分ここまで来たんだから会いたいってゆーのがあったと思う。

ピンポン鳴らしたら、一応開けてくれました。

ピヨは寝起きですっごい不機嫌そうな顔。

あたしもその場に棒立ちで、黙ったまま多分20分位そうしてたと思う。

でもどっちが先に口開いたのか全く覚えてないけど、ちょっと会話しただけでだんだん言いあいになってきて、ピヨの「何で会いに来たんや、俺もしんどいねん。」に対してあたしがとどめの一言を言ってしまった。

「(昨日)飲んでただけのくせに。」


・・彼は普段超がつく程優しくてお人好しで、喧嘩したって言ってもいっつもあたしが怒ってるばっかりで、怒ったりキレたりしてるトコをこの1年5ヶ月見た事なかったんよ。機嫌が悪い事はあったけど、あたしに当たったりもしなかったし。

でも今日怒らせてしまったー。
その一言でブチ切れたらしい彼は、手元にあった枕をすんごい勢いで投げてきた。そりゃ当たらんよーに外しはしたけど、何てゆーか「コワい」って思った。開けちゃいけないフタを開けてしまった怖さみたいな。
「帰ってくれ」
って言いながらこっち来て、ぺたって座ってたあたしを無理矢理立たせて、コートとマフラーを押し付けられてリビングとの間のドア閉められてそれっきり。その間中ずっと帰れ、会いたくなんかなかったって連発されて、一人玄関に取り残されたあたしは呆然としてました。腕に、掴まれた感覚が残ってて、いつもと全然違う強さの力で、ヤバイ、怖いって思ったけど、後はもう部屋から出てこなかった。

フツーそこで帰りますよねー・・・

一回ブーツ履いて帰ろうとはしたんやけど、帰れなかった。。

今日を逃したらもうしばらく予定合わなくて会えないし、何よりこんな状態のまま別れたくなかったし、ヤツも目が真っ赤だったから・・。

「あたし帰らへんから」

って言って居座った。

でも何言っても、何話そうとしても「帰ってくれ」しか言わない。
うっとうしい、今は顔見たくない、とにかく今日は帰ってくれ、話もしたくない、お前しんどい・・etc

フツーここまで言われたら帰りますよねー・・・・
でも帰りませんでした。
何かもうここまで言われたら、別れないと帰れないみたいな気分になって、「どうしても帰って欲しいんだったら別れてよ。そしたらいる意味もないし」って言ったら、「そこまで話を大きくするな。とにかく帰ってくれ」ってほんまにそれだけ。しかもそこまで言うんやったら俺が出て行くって言って出て行こうとするし・・

結局帰れって計30回位言われたと思うけど、それでも居座り続けた私は、往生際の悪い女ベスト10入りを果たせたような気がします。むしろ殿堂入りです。自分でもびっくりする位自分がしつこくて嫌な女だと思った。もう嫌なガキだよ。何度も帰りたくないって言ったけど、同じ事しか言われないし、だんだん惨めになってくるし

そこまで言われてもピヨを嫌いになれない。だってピヨもあたしの事嫌いだって言ってくれなかったから。どこまでも人任せですねあたしは(ノ_-;)ハア…

そんな途方もないやりとりを1時間位続けました。
「ほんまにしんどいのわかってるし、ご飯の支度とか薬とか、そーゆーの迷惑かもしれないけど手伝いたいって思ったから来たんよ」
って言ってしばらく床に座ってぼーっとしてた。
そしたら、突然ベッドの上から手が伸びてきてさっきとは違う力で腕掴まれて、ひょいって引っ張り上げられて、寝転んだまますごい力でぎゅーってされて、もう向こうの顔も見えない状態で堰を切ったようにしゃべりだした。
「俺だって行きたくて飲みに行ったわけじゃないねん。帰りたくても無理矢理引き止められてオールになるねん。一人暮らしやし」
わかってる。会長やしね、必要以上に飲まされるし。

「それに俺が最近どんな生活してるか知ってる?夜バイト行って4時に帰ってきてまた朝の8時に学校集合やねんで。」
それも知ってる。3日間イベントあったからね。

「だから今日は久しぶりにゆっくり寝れる日やってん」
・・・じゃあ会う約束するなよ・・

って思ったけど、あたしに顔見せないようにピヨが泣いてるのがすごくわかったので黙ってた。その間いろいろぐるぐる考えたけど、やっぱりあたしは自己チューだなーって思った。
そりゃしんどいよねぇ、ワケわからんプレッシャーばっかり与えられて、いくらサークルと言えどもウチは100人近く在籍する割とデカいサークルだから、その責任者みたいなんにされて、ただでさえ人見知りするのに新しい付き合いがいきなり増えて、バイトも行って、やっぱりあたしが一番理解してあげるべきだったなーと思いました。
と同時に、さっきまでものすごい勢いで拒否られてたのに、ベッドに入れてもらえて、やっとピヨの空間に入れた感じがしてすごいうれしかった。
変だねーあたし。苦笑

最初は上からぎゅーってされてる感じだったけど、だんだん下に移動してあたしが抱きかかえる感じになってぼろぼろ泣いてるピヨをよしよししてました。それにしてもよく泣くなーコイツは・・。

「好きやねんから別れるとか言うな。簡単にそんな事口にするな。」
・・はい。仰る通りです、言ってるあたしも別れる気ないしね。


そんな感じでやっと落ち着いた(?)わけです。
いっつもあたしは自分でひどい事してるの分かっていながらやめられない。こんな事続けてたら愛想尽かされるのわかってるのに、ピヨは優しいから必ず許してくれるってどっかで思ってる。
友達はあんた根っからのドSやでーって言って笑うけど、そんなんじゃなくて、やっぱりあたしはまだまだガキなんだなぁと思います。

その後は流れでそうなってしまったけど、やっぱこの人じゃないとダメだなあと思いました。
やっといつもの優しいピヨに戻って、さっきまであたしは誰としゃべってたんだ・・と考えてました。チューしたり抱き合ったりできるのが当たり前だと思ってちゃダメですね。Time goes byですね


あたしは大学入るまで誰かと付き合った事がなくて、それまでは家族と友達と先生位しか人間関係がなかったけど、初めて彼氏ってゆー項目が加わって、彼氏ってある意味誰よりも深く密接につながってて、長く付き合ってると境界線とかぼやけてくるんよね。その分接し方も難しいし、遠慮がない分一番きちんと考えないといけないなーと改めて学びました。いっつもこーゆー事があると考えさせられるんやけど、バカだからすぐ忘れちゃうんよ。ハムスターみたい

とにかくあのまま帰らないでよかった(のか?)と思ってます。
普通に一眠りしてから夜焼肉食べに行って、すぐは帰りたくなかったからすごいキレイな建物の下でコーヒー飲みながらレミオロメンを二人で聞いてました。やっぱいいね、アレは。ほんといい。
おススメは「ビールとプリン」です、こんな生活憧れてます。笑

あー長く書きすぎたーとりあえず寝よ。。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
はじめまして。
うん、帰らなくてよかったと思います。
おかげで彼の状況を再確認することができたし、自分のことも振り返れたし、仲直りできたし、ねっ
2005/11/27(日) 13:19:33 | URL | ラッコ♀ #tl.z6klY[ 編集]
はじめまして。
読みながら、うちの相方と似てるなぁ・・・と思いました。
金曜に私より友達を優先させて「もうヤダ!別れる!」って私が言った時、2人で散々泣きながらケンカしたのに「そう言われると俺はツライから、ホントに嫌になった時だけにしてくれ」って許してくれたり。。。
私も相方が優しいから「必ず許してくれる」と思ってる気がします。
これでイイのかなぁ・・・と思ってしまう自分もいるんですけどね(苦笑)

たぶん、私でも居座り続けたと思います。
気まずくなった時に解決しないと難しいコトになっちゃったりしますしね。
2005/11/28(月) 11:16:15 | URL | マユミ #MMIYU.WA[ 編集]
遅くなってごめんなさい~
ラッコさん>そう言って頂けてうれしいですi-184そうですよねっ!あたしも後悔してないですi-203
マユミさん>ほんと似てますね・・i-230喧嘩別れしちゃうとその後解決するのが難しくて・・i-238またブログお邪魔しますi-203
2005/12/06(火) 01:09:26 | URL | おこじょ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
アナタにとって今日がいい日でありますように。
2005/11/27(日) 04:06:51 | 明日天気になぁれ
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。